スクリプトとPlayMaker連携 – 13

現在読込中です。
この表示が消えない場合はJavaScriptを有効にして、
UnityWebPlayerをインストールしてください。

■概要
 ・PlayMakerの学習記録です。

■動作方法
 ・C#スクリプト⇔インスタンスオブジェクト の間の、情報をやりとりをする方法の練習です。
 ・左にあるボタンを押して下さい。それに対応したインスタンスオブジェクトがジャンプ →消滅します。
   (押さなくても、生成から20秒後に、ジャンプして消滅します。)
 ・その時、赤い縁取りのキューブは5点、青いキューブは10点、緑のキューブは20点
   ×今、シーン内にある個数 がScore の値に加算されます。

■今回の内容:  
 http://goo.gl/CV1BUF

投稿者情報
NAME : PlayMaker使おう!
URL : http://goo.gl/Qy2oxU
Profile : Unity・PlayMakerの学習中です。
学習の覚え書きをアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>