Push and Deliver 1

現在読込中です。
この表示が消えない場合はJavaScriptを有効にして、
UnityWebPlayerをインストールしてください。

South さんのチュートリアルをゲームにしてみました。

【 操作方法 】
カーソルキー[←][↑][↓][→]で「青い」プレーヤを操作して、6つのアイテム(ボール/キューブ/円柱)を同色のポケットへ運びます。
制限時間は、3階まで合計10分です。

どれか1つだけ、アイテムを入れなくてもゴール扱いのラッキーポケットになってます。

[R]キーで再トライです。

【 ヒント 】
アイテムが違う色のポケットへ入っても、操作の工夫で外へ取出せたりします。
自機がひっくり返った時、スペースキーで戻せる場合があります。

アイテムが下へ落ちて時々無理ゲーに、あとバグ…(略

投稿者情報
NAME : @FIssiki
URL : https://twitter.com/FIssiki
Profile :

「Push and Deliver 1」への4件のフィードバック

    1. あ、すみません、説明つけておけばよかった…。
      視点はプレーヤー(青)固定ですが、アイテムや壁を押すことによる反動で、自分自身の向きを回転させます。
      (つまり、(1)青いブロックの真ん中でアイテムを押すと、まっすぐ進み、
           (2)青いブロックの左端でアイテムを押すと、左へ円を描きながら(左回転しながら)進みます。
           (3)青いブロックの右端でアイテムを押すと、右へ円を描きながら(右回転しながら)進みます。)
      前へ押すだけではなく、横(側面)や後ろの面を使っても、アイテムを押せます。

      なお、(反動や衝突で)自分自身がパタンとひっくり返ってしまったりすると、視点も回ってしまいます。(そのときはスペースキーで直します。(<めったに使いませんが))

    1. ポケットから脱出するときは、落ちないように気をつけて…。
      自分自身がフィールドの外へはみ出て落ちると、ゲームオーバーに…。

      ぐるぐる回る状態(ゲームオーバー)になったら、すみませんが一度ブラウザをリロードしてください。

      ポケットからの脱出は、カーソルキーのみで([←]+[↑]や、[↑]+[→]のような斜め動きを使って)、自分自身をひねりながら脱出します(物理演算の特性そのままを利用してます)。
      ポケットは蟻地獄とおなじで、入ったら出るのは大変です…。

      ちなみに、時間切れになっても、床が消えて、落ちて空中をぐるぐる…。
      (高所恐怖症の方、大丈夫かな?…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>