Orbital Orbs[完全版]

現在読込中です。
この表示が消えない場合はJavaScriptを有効にして、
UnityWebPlayerをインストールしてください。

以前のバージョン
http://unitygameuploader.jpn.org/game/2428.html

2015/01/26追記
PC用最新版
http://gamejolt.com/games/action/orbital-orbs/46401/

2015/03/30追記
Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.y310games.orbitalorbsportrait

投稿者情報
NAME : yjr310_1700
URL : http://yjr310.cocolog-nifty.com/x1_anthology/
Profile : 上記URLにて30年近く前にBASICで作ったレトロPC(シャープX1)のゲーム公開してます。

「Orbital Orbs[完全版]」への8件のフィードバック

  1. ■目的
    人工衛星防衛システムの自機を操作して、人工衛星上から敵を全て排除して下さい。

    ■操作
    [キーボードまたはジョイパッド]
    WASD、矢印キー、ジョイパッドで直接操作します。
    [マウス]
    マウスの左ボタンを押している間、自機が照準の方へ向かって動きます。(難易度高)

    ■パラメータ
    自機には「質量」「フォース」「耐久力」の3つのパラメータがあります。
    ・質量・・・質量が大きいと、敵と衝突したときに弾かれにくくなります。
    ・フォース・・・自機を動かす力の強さです。質量に対しフォースが不足すると動きが鈍くなります。
    ・耐久力・・・自機が場外に落下すると大きく減少し、なくなるとゲームオーバー。敵を落とすと若干回復します。衝突により耐久力を減少させる敵も存在します。

    画面右下には各パラメータの状況を示すHUDが表示されています。
    内側の赤と青の半円は、質量(赤)とフォース(青)の割合を示しています。中央の数値は質量とフォースの合計値です。たとえば数値が「30」として、赤が6割、青が4割なら質量は「18」、フォースは「12」ということです。
    外側の緑の半円は耐久力を示しています。右側の数値は最大値、左側の数値は現在値です。
    ※フルスクリーンにしないで下さい。HUDの表示が乱れます

    ■パワーアップ
    敵を倒すと、光るパワーキューブが出現することがあります。一定周期で変色しており、赤いときに取ると質量が増加、青いときはフォースが増加、緑のときは耐久力が回復&最大値が上昇します。

    パワーキューブはスコアを稼ぐほどよく出現します。敵を落としても自機の耐久力が少し回復するだけで、スコアは加算されません。スコアは敵との衝突時にのみ加算されます。衝突の勢いが強いほど、お互いの質量が大きいほどスコアも高くなります。敵を避けて落下させてばかりだと、パワーアップできないようになっています。

    ■TIPS
    ・ただ敵に向かっていくだけでは、大した威力が出せずに当たり負けします。周囲の障害物を利用して、勢いを増してぶつけましょう。プロレスで相手や自分をロープに振って技の威力を増す感じです。
    ・質量とフォースのバランスは、若干フォース強めくらいがやりやすいと思います。

  2. ゲーム開始直後から、ポインタが巨大な✚マークに変わり、
    ボタンをクリックできなくなり、
    ゲームが開始できません。

  3. マウスモードの場合、カーソルの位置が重要っぽいけど、エフェクトと重なるとすぐカーソルを見失ってしまうので、カーソルをもっと目立つようにしてほしいなぁ…

  4. >カーソルは・・・直ったかな?
    良くなりました。

    面白い!!
    ネット対応にするとすごく流行りそうです。

  5. 邪魔かもしれませんがカーソルを大きくして目立つようにしました。
    マウス操作は難しすぎるので、あくまでオマケ機能です。タブレット用のタッチ操作を念頭に置いたものです。

    面白い・面白くない、真逆の反応があって面白いですね。
    4人で対戦とかやってみたいですが、ネットワーク方面は全然勉強してないので実現できるか分かりませんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>