謎解きアクション!!Enchant Gimmick

現在読込中です。
この表示が消えない場合はJavaScriptを有効にして、
UnityWebPlayerをインストールしてください。

カット、コピー、圧縮といったコンピ ュータ上でよく使われる操作をアクションとして取り入れました。カットはステージのオブジェクトを自由に移動させることができます。コピーはステージのオブジェクトをいくつでも複製することができます。圧縮はステージのオブジェクトを一時的に小さくすることができます。このゲームはこれらのアクションを利用してダンジョンの様々な仕掛けを解いて進み、奥に潜むボスを倒すことを目的としたダンジョン攻略型ゲームです。

投稿者情報
NAME : @GamesCrossroad
URL : https://twitter.com/GamesCrossroad
Profile : 趣味でUnityを使ってゲーム制作をしている。ゲームプログラミングとゼルダの伝説が好き。

「謎解きアクション!!Enchant Gimmick」への11件のフィードバック

  1. 完成度の高い、きれいな作品ですね。
    でも操作しづらいです・・
    少なくとも視点はオートで追随したほうがいいです。
    あと、方向キーが移動という説明がないのと、
    ダッシュしないと溝を飛び越えられないのに、
    その後でダッシュの方法が出てくるのはよくないと思います。

    1. 操作しづらくて申し訳ないです。元々ゲームパッドで操作することを想定して作った作品なので…
      視点と説明については修正したいと思います。
      最初の溝は実はダッシュしなくても飛び越えられるのですが、確かに初めてプレイされる方には厳しいですよね…
      とても参考になりました。コメントありがとうございました!

  2. 面白い!
    ただ、他の方も仰ってるように視点は自動でやってくれたほうがやりやすいです

  3. コメントでいくつかご意見をいただいたので、以下の点を修正しました。

    ・視点をオート追随に変更
    ・最初に移動の説明を追加
    ・最初の飛び越える溝の幅を狭く調整

    他にもご意見、ご感想などありましたらコメントしていただければ幸いです。
    クリア報告などでも大歓迎です。ただし、ネタバレはご遠慮ください。

  4. 一応ボスまでは到達したのですが・・・もしかして扉のオブジェクトを持っている状態じゃないと攻略できませんか?ボス戦で詰みました。
    ボスステージにオブジェクトを用意しておくか、部屋から戻ることが出来るように、もしくはセーブがあればよかったんですけど、流石に初めからやり直す気にはなれませんでした。

    加えて、カメラですけど、少し遅れて付いてくるようになってますね。これ結構ストレスです。とは言っても、常に背中に張り付いている状態だと進めにくい箇所が結構ありますね。
    なので前、左、右、後ろ、の90°毎に回転する張り付くタイプのカメラにすると遊びやすくなるんじゃないかと思います。(今の、高さを自由に変えられる部分は良い点。)

    1. ボス部屋の周りの壁に扉のオブジェクトが立て掛けてあるのですが、気づかれませんでしたか?

      カメラの仕様についてのご意見ありがとうございます。とても参考になりました。

      1. 再度プレイしましたが、ちゃんと扉ありますね。今度はクリアできました。

        以前遊んだ時の事ですが、吊るされた鍵の取り方が最初分からず扉のオブジェクトを足台にするのかと、かなりの数をコピーで増やしてたのですが、それが原因だったのかもしれません。(増やせる上限があって、それを超えると古いものから消える仕様なのかな?と)

        1. なるほど!それで扉が消えたんですね。
          確かにおっしゃる通りパフォーマンス対策のため、コピーできる数に上限を設けています。元からあるオブジェクトは消えないような仕様にしていたつもりだったのですが、おそらくバグだと思います。すいませんでした…

          セーブできないにもかかわらず、最後まで遊んでいただいたみたいで、どうもありがとうございました。

  5. 視点をオート追随に変更していましたが、かえって遊びにくくなっているように感じたので、オート追随はなくしました。
    controlキーかAキーでカメラの向きが補正できるので、これを使いながらプレイすると比較的遊びやすいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>