BLOCK SHOOT 3D

現在読込中です。
この表示が消えない場合はJavaScriptを有効にして、
UnityWebPlayerをインストールしてください。

習作。
先日つくったものの3D版をつくってみました。
マウスクリックでゲームスタート。
マウスでブロック操作、クリックで射出。赤いブロックを破壊するとポイントが入りますが、黄色いブロックは破壊できないので、ブロックをぶつけて、軌道を変えるか避けるかして回避してください。
ブロックにぶつかると、ゲームオーバーです。タイトル画面でスペースキーを押すと擬似立体視モードになります。ルパン三世のOPで話題になった技法を実験しています(まだ全然立体感ないです)。

11/29更新
「重くなった」とのご報告をいただいたのでカメラの設定を修正してみました。

投稿者情報
NAME : @stupid_student2
URL : https://twitter.com/stupid_student2
Profile : 大学生。独学でUnityでゲームつくっています。

「BLOCK SHOOT 3D」への10件のフィードバック

  1. 面白い!
    弾は、自機から直接出たほうがいいかも。
    自機を半透明にしてはどうでしょうか。
    壊れる瞬間に半透明を解除するとか。

  2. 画面の縦横比は、デバイスに合わせればよいかと思います。
    WEBプロジェクトなら正方形でもよいかと。

  3. 2Dの方と比べて、能動的にプレイする要素が激減しているように思います。
    敵(?)が直進しかしないので、自分から動く必要が無くなっています。
    不規則に軌道を変える、プレーヤーめがけて飛んでくる、地面でバウンドしてくる、などなど、プレーヤーが避けざるを得ない状況がほしい所ですね。

  4. 自キャラがやられた時点から、エラーが出っぱなしになっていますが、もしかして、キャラの操作スクリプトが生きたままになっていません?
    恐らく、自キャラそのものではなく、カメラかUIのキャンバスに操作スクリプトを持たせているのでしょう。
    もし、消える可能性のあるオブジェクトを外部から参照するなら、そのオブジェクトが存在する場合のみ処理するようにした方が良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>